国から福岡県に出された緊急事態宣言の延長により、3月7日までのミサは非公開になります。なお、解除され次第、ミサは公開されます。

主任司祭から

 早くも一月も過ぎました。新型コロナウイルスの感染の脅威にさらされてから一年が経ちます。
昨年は四旬節の始まりである「灰の水曜日」(2月26日)を最後に5月までミサは非公開になりました。復活祭も一緒にみんなで祝い、記念することができませんでした。
今年もまた緊急事態宣言が出され、2月17日の「灰の水曜日」に集まれるかもまだ未定の状態です。感染しないよう万全の対策をとるのみです。
コロナ禍にあって信者としてどのように過ごしたらいいのでしょうか。わたしたちはイエスをキリストと信じ、復活していつも共にいてくださることを信じています。この信仰を深めましょう。
いつも「主がともにいてくださる」との思いを強めましょう。ミサに参加できなくても、「主はともにいてくださる」のです。

小郡カトリック教会 主任司祭 ミカエル山元眞

教皇フランシスコのことば

聖書のことばは、紙の上に留まるために書かれたのではありません。
祈る人に受け取られ、その人がこころの中で芽吹かせていくために書かれたのです。
ツイート 2021年1月29日

教会からのお知らせ

主任司祭からのお知らせ

鳥栖カトリック教会について

みんなのエクレシア 鳥栖カトリック教会

 教会の原語はヘブル語でカハル。ギリシャ語でエクレシア『神さまから呼び集められた人たち』の意味です。鳥栖教会の保護の聖人は《涙の聖母》です。 
主任司祭:ミカエル山元眞神父 

鳥栖カトリック教会2018

住所: 〒841-0033 鳥栖市本通町一丁目806 
電話: 0942-82-2282 ファックス:0942-82-2374 
メール: tosu_catholic_1_806@yahoo.co.jp

鳥栖カトリック教会「子ども平和文庫」

鳥栖教会の信徒会間に入ってすぐ目に飛び込んでくるのは、2ヶ月前にできたばかりの「子ども平和文庫」。
長年山元神父が集めてきた絵本や児童書、キリスト教書籍など約600本の中から「平和」に関するものを整理し、保護者が“ミニ図書室”に仕上げたものだ。
マザー・テレサや、ウルグアイの世界で一番貧しいムヒカ元大統領などを題材にした児童書、戦争体験を描いた絵本などが置いてあり、自由に読むことができる。また2週間ほど借りることもできるのだ。

カトリック新聞 第4431号より

巡回教会:基山カトリック教会

《悲しみの聖母》
〒841-0203 三養基郡基山町園部2264
電話:0942-92-2278[呼出]

基山カトリック教会 2015

 教会関連リンク

カトリック福岡司教区
 カトリック中央協議会
バチカン放送局
カトリック新聞
鳥栖カトリック教会主任司祭ブログ

鳥栖カトリック教会
タイトルとURLをコピーしました